アメリカビザなどの撮影
ホーム > アメリカビザなどの撮影

アメリカビザなどの撮影

SONY DSC ウエディングイメージ

アメリカ(ビザ、パスポート)撮影 

 

アメリカ大使館用撮影

      

デジタル写真要件

ビザ申請の写真は、6ヶ月以内に撮影された背景白のカラー写真で、サイズおよび内容ついて一定の基準を満たす必要があります。基準を満たさない写真が提出された場合、ビザ申請プロセスに遅れが生じることがあります。DS-160にアップロードされるデジタル写真は下記に示すガイドラインを満たす必要があります。

頭のサイズ
頭髪の頂点からあごまでを測った頭部の長さは、写真全体の縦の長さの50%から70%の間としてください。写真の底辺から目のレベルまでを測った目の高さは、写真全体の縦の長さのの55%から70%、または約2/3としてください。

写真要件
2016年11月1日より、眼鏡を着用した写真は不可となります。写真の要件について、詳細は https://travel.state.gov/content/visas/en/general/photos.html 参照してください。

写真の規格
写真は正方形、つまり縦と横が同じになるようにしてください。写真の最小画素数は、600ピクセル x 600ピクセル (縦 x 横)です。写真の最大画素数は、1200ピクセル x 1200ピクセル (縦 x 横)です。

写真を成功させるための7つのステップ

頭の向き
ビザ申請写真を撮影する際に、頭の向きは重要です。頭全体が写るようにします。カメラに向かって、まっすぐに顔を向けて、両目が閉じていないことを確認してください。

フレーム内に収める
写真には、頭髪の頂点からあごまでの頭全体が写るようにしてください。良い写真は、頭部の長さが25~35mm、または写真の50%-70%を占めるようにします。

  

 

撮影し直す手間などは無く安心してご利用して頂けます。

 

また作成時間も撮影後10分弱で撮影したCDとビザ用のお写真2枚を作成いたします。



価格3000円+消費税

 

※ 平日価格となります、営業時間外と土日は、2,000円増+消費税(予約が必要です)